エンジョイ着物生活

楽しいきもの生活を送るために

エンジョイ着物生活 日常をエンジョイ 特別な日をエンジョイ 買取業者をエンジョイ 長持ちさせるためには メンテナンスするには 能楽・和楽器・歌舞伎の観劇なら着物買取の訪問着・小紋が最適です 足首に意識し内股気味歩行が美しい着物姿と着物買取 サイトマップ

足首に意識し内股気味歩行が美しい着物姿と着物買取

日本人女性の美しさを称えるのに、大和撫子と言う言葉があります。大和撫子という花のか弱そうでありながら可憐であり品がある美しさと、着物姿の日本人女性を重ね合わせた褒め言葉です。着物美人を目指すのであれば大和撫子を目指すと近道であることが自ずと分かってきます。こうした品性のある美しさのためには、着物を綺麗に着付けることは大前提です。

着付ける際に最も重要視されるのが、着丈の調整だと言えます。着物の着丈が身近すぎると下品な印象を与えます。また逆に着丈が長すぎると野暮ったい印象を他者に与えてしまいます。着物の品の良い着丈とは足首のくるぶし辺りを指します。

この丈が正式であり洗練され品の良い着丈とされています。そのため着物を着付けるときは、一番にこの着丈を決定しウエストで腰紐を調整します。

また美しい品のある着物姿のためには所作や行動にも気をつける必要があります。洋服では比較的大股で歩く傾向がありものの、着物ではこの歩き方はご法度とされています。着物姿の場合は着崩れなどの防止も意識しつつ、足首に神経を集中させ、できるだけ小幅で内股気味に歩くのが鉄則です。

歩幅が小さいだけでも着物がはだけて着崩れる心配がありません。また内股気味で小幅で歩くことでより女性らしさが演出されて品性を感じるようになります。また着物を着た際には背筋をピンと伸ばすようにしなければいけません。猫背であると帯びの締め付けによって呼吸も苦しくなり、貧相な印象になってしまいます。背筋を伸ばすとはと胸に必然的になるので、着物の柄が目立つようになり、より美しい着物姿になるのは言うまでもありません。

着物姿はなで肩の日本人女性に非常にフィットし、美しさがより一層際立ちます。このように日本人の可憐な美しさを最大限演出するのが着物であることを知ると、より多くの着物に挑戦したくなるものです。

しかし着物は非常に高価で気軽に購入することができません。こうした場合、着物買取業者をうまく活用すると良いでしょう。着なくなってしまった振り袖、袴、黒紋付などを着物買取業者に売却してしまうと良いでしょう。

着物買取業者は現代では自宅まで出向き買取を行ってくれます。着物買取業者が買取の際に最も重視するのが着物の品質状態です。日焼けによって染色の色にむらがあったり、カビや汗ジミがあると安い査定額がつけられます。出来るだけ着物買取業者に高く買取ってもらい、新たな着物を購入して色々挑戦するためには、できるだけ着物を良い保存状態で保管しておき、時には虫干しや洗いに出すことも大事だと言えます。

Copyright©2013 エンジョイ着物生活 All Rights Reserved.