エンジョイ着物生活

楽しいきもの生活を送るために

エンジョイ着物生活 日常をエンジョイ 特別な日をエンジョイ 買取業者をエンジョイ 長持ちさせるためには メンテナンスするには 能楽・和楽器・歌舞伎の観劇なら着物買取の訪問着・小紋が最適です 足首に意識し内股気味歩行が美しい着物姿と着物買取 サイトマップ

メンテナンスするには

大切な着物をメンテナンスするにはクリーニングや専門の業者に依頼するのが一般的ですが、クリーニング費用はかなり高いため躊躇ってしまう場合もあります。しかし汚れをつけたままの状態で放置すると後まで残ってしまったり変色や虫食いの原因となります。そんな時の為に自宅で自分でできるシミ抜き法や汚れ落とし方法を知っておくと非常に役立ちます。・汚れを落とす前に知っておきたいこと汚れ落としの方法にはいくつか種類がありますし、汚れに応じて適した方法を選ばなければいけません。染められた着物などの場合は自分で薬剤を付けてしまうと色落ちの原因になる可能性もありますから、汚れの原因がはっきりしている場合と着物の種類を把握し汚れ落としをしても問題ないかをテストしておく、あるいは呉服屋さんなどに事前に聞いている場合にのみ自分でシミ抜きすることをおすすめします。

それ以外の場合は余計に着物を痛めてしまう可能性がありますので注意が必要です。汚れを取り除く方法で最もリスクが低くどんな着物でも試せる方法として、ついた汚れを払って落とす方法が挙げられます。着物についてしまった埃や汚れは表面についたそのもの自体を手で叩いてみたり、優しくブラシをかけることで落とすという方法です。汚れを溶かす方法水や専用の溶液を汚れの部分に直接ふりかけて汚れを着物から浮き上がらせ液体に溶かしておとす方法です。これは汚れの種類によってかける液体が変わるので注意が必要です。

油ジミや口紅、接着剤などの油性の汚れの場合こうした汚れにはベンジンを振りかけて少し時間を置き、そのあとブラシをかけておとします。もしもベンジンをつかっても落ちない場合はより強い汚れ落としを使いますが、着物の目立たないところで試してから使うことをおすすめします。

ジュースや雨粒、水性ペンなど水性の汚れの場合水を垂らすのではなく、霧吹きなどを用いてできるだけ水を霧状にして拭きかけることがポイントです。それで落ちない場合は汚れた部分に少しだけ水をたらし、乾いた布をその上にあてて軽く叩きます。乾いた布に汚れを映すことで汚れを落とします。

泥がはねてしまった場合、決して水でぬらさず、着物が乾いた状態になるまで待ちます。泥がついている部分を軽く手で払った後ブラシをかけておとします自分でできるシミ抜き方法や汚れ落としというとこの程度ですが、これでも十分に対応できます。自身がない場合はクリーニングなどで汚れの性質などを確かめてからでも良いですし、大切な着物のためにもシミ抜きや汚れ落としはくれぐれも慎重に行った方が良いと言えます。

Copyright©2013 エンジョイ着物生活 All Rights Reserved.