エンジョイ着物生活

楽しいきもの生活を送るために

エンジョイ着物生活 日常をエンジョイ 特別な日をエンジョイ 買取業者をエンジョイ 長持ちさせるためには メンテナンスするには 能楽・和楽器・歌舞伎の観劇なら着物買取の訪問着・小紋が最適です 足首に意識し内股気味歩行が美しい着物姿と着物買取 サイトマップ

特別な日をエンジョイ

着物は日本に古くからある民族衣装です。その起源は、縄文時代にまでさかのぼります。その時代は一枚の布に穴を開け、そこに頭を通して着る貫頭衣と呼ばれる衣服を身に着けていました。古墳時代や飛鳥時代になると中国との交流が盛んになり、中国のものが取り入れられるようになり、着物に似た衣服を着るようになります。やがて平安時代になると、十二単と呼ばれる女性の高貴な衣装が着られるようになりました。江戸時代には現在の着物とほぼ変わらない形の小袖が生まれ、帯も紐的な細帯から幅広へと変化し、着物が完成した時代と言われています。

明治時代には明治維新により洋装が浸透し始め、一般人も洋服を着るようになりました。昭和・平成時代と現代の日本でも、やはり着物を着る機会は少なくなっています。値段が高そう、着付け方が分からない、苦しそうなどと言ったイメージによりきものは敬遠されがちです。しかし日本には、お正月や成人式・七五三など、四季を通じて着物が似合う行事が多々あります。また、入学式や卒業式、結婚式に夏祭りなど、着物を着る機会も一年を通してたくさんあります。

このような特別な日をエンジョイするためにも、着付けなどを習い、積極的に着物を着ることをおすすめします。きものには様々な種類と格と呼ばれるランクがあります。きものの種類は次の通りです。振袖・留袖・訪問着・色無地・小紋・浴衣・喪服などです。振袖はミスの第一礼装であり、未婚女性が着るものです。留袖はミセスの第一礼装であり、全体が黒地の黒留袖と黒以外の色留袖があります。訪問着と色無地は、ミス・ミセス問わず着られる華やかな略礼装です。

そして小紋は、全体に模様が繰り返し配置されていて、気軽に着られる外出着です。きものに慣れないうちは、浴衣や小紋などのカジュアルなきものから始めます。訪問着や色留袖は社交着として用いることが出来るため、親族以外の結婚披露宴に着用することも出来ます。これらは、紋のつけ方によりパーティーや祝賀会などにも着用できます。訪問着や色留などを楽しむためには、色柄の選び方や紋のつけ方、帯の合わせ方が大切になります。例えば、吉祥文様や豪華な柄のもの、箔を使った訪問着はフォーマルになるため、格調高い袋帯を選びます。逆にすっきりとした柄で街着感覚の訪問着は、名古屋帯やしゃれ袋帯などを合わせます。このように着物はとても奥深く、基本を学んだり何度も着用して行くうちにもっと知りたくなるものです。伝統文化を絶やさないためにも、積極的に着用して行きたいものです。

Copyright©2013 エンジョイ着物生活 All Rights Reserved.